投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

造園学会全国大会ミニフォーラム/都市のつくる農のランドスケープ

イメージ
来週末に開催される造園学会全国大会で、ミニフォーラム「都市のつくる農のランドスケープ」を開催します

気象キャスターネットワークの岩谷さん、首都大の片桐さん、NPOバースの佐藤さん、東京都の竹内さんらに話題提供していただきます。詳細は以下の通りです。ご参加お待ちしています。




【日時】2015 年 5 月 24 日(日) 17:00 ~ 18:30
【場所】東京大学農学部 2 号館 化 1 番教室 (東京都文京区弥生 1-1-1    地下鉄南北線「東大前」下車1分)
【テーマ名】都市のつくる農のランドスケープ
【目的】 近年、国内外で都市における「農」の営みが注目されている。この背景には、認証コーヒーなどにみられるように生産地の環境の保護・再生、栽培手法、生産者の収入の保障や人権保護といった農産物の生産・流通のプロセスに人々の関心が向けられるようになっていること、社会構造の変化により都市における農地の意義が変化し、新たな農のランドスケープが生まれていることにある。戦後のおなかを満たすための「胃で食べる」時代、経済大国となった「舌で食べる」時代を経て、社会的成熟が進んだ今日は「脳で食べる」時代になったといわれる。農の美しい風景は、そこでの直接的な体験のみならず、視覚的な体験からも、消費する立場から「農」を支える価値観を醸成し、農の営みへの参入を促すものになっている。 本ミニフォーラムは、造園学会誌79巻1号において特集した「都市のつくる農のランドスケープ」について取り上げ、特集記事に関わった研究者、行政、生産者など多様な立場の方を交え、良質な「農のランドスケープ」を増やし維持・継承するための課題や今後の方向性について議論する。
【主な参加者と役割】 話題提供:岩谷忠幸(雨読晴耕村舎/気象キャスターネットワーク) 片桐由希子(首都大学東京) 佐藤留美(NPO法人NPO birth/東京の緑を守る将来会議) 竹内智子(東京都) 山田順之(鹿島建設) 企画責任者:山田順之、片桐由希子、真田純子(徳島大学大学院) 
【連携する団体等】

都市のつくる農のランドスケープ/ランドスケープ研究79巻1号

イメージ
日本造園学会の学会誌であるランドスケープ研究の最新号が発行になりました。
今号は「都市のつくる農のランドスケープ」が特集です。小職も編集委員として関わり貴重な体験をさせていただきました。

農の美しいランドスケープは、法制度やビジネスモデルに加え、農を担う新しい働き方、都市住民の援農や消費活動など様々な関わりによってもたらされていることが幅広く議論されていますので是非ご一読ください。

□日本造園学会
http://www.jila-zouen.org/publication/3893


また、今回、読者アンケートも実施していますのでご協力の程よろしくお願いします。

□アンケートのお願い
http://www.jila-zouen.org/institute_info/3898